Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JVN iPedia」に登録されたAndroid関連の脆弱性は187件 - アプリが7割

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性データベース「JVN iPedia」へ登録されたAndroid関連の脆弱性動向について取りまとめた。7割はアプリに関する脆弱性だったという。

「JVN iPedia」は、国内外の脆弱性情報を収録しているデータベース。2013年末までに同データベースに登録されたAndroid関連の脆弱性は187件。OSに関する脆弱性は54件で、のこる133件の脆弱性はアプリに関するものだった。

20140121ip_002.jpg
Androidアプリの脆弱性登録状況(グラフ:IPA)

アプリの内訳を見ると、ブラウザやメールといった「通信」が58件で最多。「SNS」が21件で次いで多く、「仕事効率化(20件)」や「ツール(15件)」が僅差で続いた。

一方脆弱性の内容を見ると、アプリが管理するデータが改ざんされる可能性がある「認可、権限、アクセス制御」が32件で突出しており、「情報漏洩(9件)」「不適切な入力確認(7件)」と大きな差が開いた。

同機構では、通信関連のアプリやSNSアプリの脆弱性が悪用されると、通信内容や履歴、連絡先の情報などが漏洩する可能性もあることを利用者側で認識しておく必要があると指摘。スマートフォンでもパソコン同様、速やかなアップデートが求められると説明する。

また開発者についても、脆弱性を含まない安全なアプリ開発を積極的に進める必要があるとして、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
2022年3Qの脆弱性届け出、ソフトとサイトのいずれも増加
脆弱性DB「JVN iPedia」の3Q登録数、前四半期から倍増
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
2022年2Qの脆弱性届け出は163件 - ウェブ関連が減少
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験