Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数端末の利用者、オンライン詐欺に遭いやすい傾向 - エフセキュア調査

パソコンやスマートフォンなど複数の端末を利用しているユーザーの方が、1台の端末を利用するユーザーに比べ、2倍近い割合でオンライン詐欺の被害に遭っていることがエフセキュアの調査により判明した。

同社が、オンライン詐欺における被害実態について、北米や南米、オーストラリア、欧州など海外15カ国を対象に調査を実施したもの。調査は、2013年4月に行い、20〜60歳のブロードバンド加入者6000人が回答した。

同調査によれば、オンライン詐欺により金銭を騙し取られた経験があるとの回答は14%。欧州ではやや低いものの、それでも12%と1割を超えており、それ以外の地域では17%まで上昇する。

20140121fs_001.jpg
国別の被害者割合(図:エフセキュア)

国別に見ると、「米国」と「マレーシア」では20%に達しており、「ブラジル(19%)」や「オーストラリア(18%)」なども被害経験者の割合が高い。

性別で比較すると、男性は16%と女性の12%を4ポイント上回る。年齢層を見ると、若い層ほど被害に遭う傾向が強く、20〜34歳が16%、35〜49歳が14%、50〜60歳が12%だった。

デバイスの利用状況によってユーザーを比較すると、1台だけのデバイスを利用している人の場合、被害者は10%と10人に1人の割合だったのに対し、複数の端末を利用するユーザーでは19%と高く、およそ5人に1人が詐欺の被害に遭っていたことがわかった。

(Security NEXT - 2014/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割