Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracleが定例パッチを公開、9製品グループの脆弱性144件を修正

Oracleは、同社製品向け定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。「Java SE」のアップデートも含まれる。

CPUは、四半期ごとに公開しているもので、今回のアップデートでは、同社の9製品グループにおいて合計144件の脆弱性を修正した。これには「Java SE」の修正36件も含まれる。

具体的には、「Oracle Database」や「Java SE」をはじめ、「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Applications E-Business Suite」「Oracle FLEXCUBE Products Suite」「Oracle and Sun Systems Product Suite」「Oracle Linux and Virtualization」「Oracle MySQL」など多岐にわたる。

共通脆弱性評価システム「CVSS v2」においてスコアが「7.0」以上の「レベルIII(危険)」とされる脆弱性は20件。そのうち14件は「Java SE」に関する脆弱性で、10点満点中「10.0」と評価された脆弱性5件を含む。

同社では、脆弱性の悪用を防ぐため、テスト環境で動作を確認した上で早期にアップデートを適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開