Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECと三菱商事、インフォセックの事業を強化

NECと三菱商事は、三菱商事が保有するインフォセック株式の60%をNECが取得することで合意した。2014年2月を目処に2社による共同経営体制に移行する。

今回の合弁事業化は、サイバーセキュリティサービス分野の強化を目指したもので、コンサルティングサービスとシステムソリューションサービスを充実させていくもの。

インフォセックのコンサルタント、エンジニア、三菱商事の事業マネジメント力とグローバルな情報収集力、NECのプロジェクトマネジメント力およびサイバーセキュリティファクトリーのノウハウを活用し、インフォセックの機能強化を目指す。

(Security NEXT - 2013/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
電気通信事業向け個人情報保護GL解説で改正案 - 意見を募集
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準