Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECと三菱商事、インフォセックの事業を強化

NECと三菱商事は、三菱商事が保有するインフォセック株式の60%をNECが取得することで合意した。2014年2月を目処に2社による共同経営体制に移行する。

今回の合弁事業化は、サイバーセキュリティサービス分野の強化を目指したもので、コンサルティングサービスとシステムソリューションサービスを充実させていくもの。

インフォセックのコンサルタント、エンジニア、三菱商事の事業マネジメント力とグローバルな情報収集力、NECのプロジェクトマネジメント力およびサイバーセキュリティファクトリーのノウハウを活用し、インフォセックの機能強化を目指す。

(Security NEXT - 2013/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「改正個人情報の保護法」のガイドライン改正でパブコメ実施
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査