Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトが改ざん被害、閲覧でウイルス感染のおそれ - NTTデータMSE

NTTデータMSEのウェブサイトが改ざん被害に遭っていたことがわかった。閲覧するとウイルスに感染するおそれがあったという。

同社によれば、ウェブサイトが改ざんされ、11月21日19時過ぎから同月25日19時ごろまで不正なコードが埋め込まれた状態になったという。閲覧すると外部サイトに誘導され、ウイルスに感染するおそれがあった。

同社では、ウイルス感染の被害報告などは受けていないという。また同サイトでは個人情報を取り扱っておらず、個人情報の漏洩についても否定した。

同社では改ざんされた期間にウェブサイトを閲覧した利用者に対し、最新のセキュリティ対策ソフトを用いてウイルスへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
狙われる「新型コロナ研究情報」、英米政府が注意喚起 - 脆弱なVPNやパスワードが標的に
愛媛県武道館のサイトが改ざん - マルウェア感染の影響などは調査中
情報流出の可能性「きわめて低い」 - 共同通信PRワイヤーが報告
エキサイトブログが改ざん被害 - ウイルス感染被害は発生せず
神奈川工科大のウェブサイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ