Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、効果的な脆弱性対策について解説するセミナーを開催

情報処理推進機構は、システムの脆弱性対策について解説するセミナー「脆弱性対策の効果的な進め方」を11月22日に開催する。

脆弱性を悪用したインシデントを防止するため、システム管理者がチェックすべき脆弱性情報について解説するセミナー。セキュリティ管理部門、システム管理部門の新任者や、脆弱性対策に関心がある企業担当者など対象としている。

脆弱性攻撃の傾向、脆弱性関連情報の収集、影響分析のほか、同機構が提供するツールの活用方法などを紹介する。セミナーの会場は同機構の会議室で、参加費は1000円。定員は30名で、同機構サイトにて先着順で受け付ける。

(Security NEXT - 2013/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏