Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSによりマルウェア接続防ぐ「Infoblox DNS Firewall」に「FireEye」との連携機能

Infobloxは、「Infoblox DNS Firewall」に、FireEye製マルウェア対策製品との連携を実現する「Infoblox DNS Firewall FireEye Adapter」を提供すると発表した。

「Infoblox DNS Firewall」は、端末が不正なサイトへの接続しようとしたり、ボットがコマンド&コントロールサーバへ接続しようとした際に、DNSのリクエストを拒否することでマルウェアの通信を防御するセキュリティソリューション。

今回提供を開始するオプションにより、「FireEye NX Series」が仮想環境で振る舞い検知により検出したマルウェア情報をもとに、通信の制御が可能。両製品の組み合わせにより、攻撃の検知からマルウェアの外部通信の遮断、感染した端末の検出などを行える。

(Security NEXT - 2013/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
IT業界未経験の社会人向けに有給インターンシップ - トレンド
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
FFRI、消費者や小規模事業者向けセキュ対策ソフトに新版
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
JPCERT/CC、「EmoCheck v2.3」を公開 - 「Emotet」検出方法を拡充