Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金銭脅し取る「ランサムウェア」が拡大中 - 手口はますます巧妙に

複数のセキュリティベンダーが、金銭を脅し取るランサムウェアが拡大しているとして注意を呼びかけている。世界各国に広がっており日本が標的になる可能性も増している。

エフセキュアでは、捜査機関などを装い、金銭要求するマルウェアが拡大していると指摘。コンピュータが不法行為に加担したとしてロックしたなどと説明し、「罰金」と称して金銭を振り込ませる手口で、世界各国に広がっているという。

同社では、40カ国語に対応し、対象地域の当局を装うランサムウェアを確認しており、欧米のほか、南米、オーストラリア、アフリカ、中東など世界に拡散している。世界中で500万台以上の端末に感染したケースもあった。

一方、トレンドマイクロは、特定ファイルを暗号化し、金銭を脅し取る「CryptoLocker」について警告を発している。同社が調べたところ、感染経路はオンラインバンキングの情報を盗み出す「Zeus(Zbot)」の亜種が感染経路となっていた。

情報が盗まれるだけでなく、個人情報などが保存された重要ファイルが暗号化され、アクセスできなくなる危険があるとして注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2013/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
VPN脆弱性突かれてランサム被害、情報流出は確認されず - 伯東