Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金銭脅し取る「ランサムウェア」が拡大中 - 手口はますます巧妙に

複数のセキュリティベンダーが、金銭を脅し取るランサムウェアが拡大しているとして注意を呼びかけている。世界各国に広がっており日本が標的になる可能性も増している。

エフセキュアでは、捜査機関などを装い、金銭要求するマルウェアが拡大していると指摘。コンピュータが不法行為に加担したとしてロックしたなどと説明し、「罰金」と称して金銭を振り込ませる手口で、世界各国に広がっているという。

同社では、40カ国語に対応し、対象地域の当局を装うランサムウェアを確認しており、欧米のほか、南米、オーストラリア、アフリカ、中東など世界に拡散している。世界中で500万台以上の端末に感染したケースもあった。

一方、トレンドマイクロは、特定ファイルを暗号化し、金銭を脅し取る「CryptoLocker」について警告を発している。同社が調べたところ、感染経路はオンラインバンキングの情報を盗み出す「Zeus(Zbot)」の亜種が感染経路となっていた。

情報が盗まれるだけでなく、個人情報などが保存された重要ファイルが暗号化され、アクセスできなくなる危険があるとして注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2013/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛
警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
サーバにサイバー攻撃、ランサムウェアか - NITTAN
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン
QNAP製NASを狙うあらたなランサム攻撃 - アプリの更新を
明治の海外グループ会社がランサム被害 - 犯行声明も