Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、仮想環境向けセキュリティ製品のベータ版をバージョンアップ

エフセキュアは、仮想環境に特化したセキュリティソリューション「仮想スキャンサーバ(仮称)」のベータ版をバージョンアップした。

同製品は、同社のウイルス検知技術「ディープガード」などを搭載したLinuxベースの仮想アプライアンスサーバと、仮想化したサーバや端末向けのエージェントで構成。エージェントでデータの送受信や挙動を監視し、必要に応じてサーバでウイルスの検査を実施する。

また同社の管理製品「エフセキュアポリシーマネージャ」により、他製品とともに管理することが可能。

あらたに提供を開始したバージョンは、9月10日より実施しているベータテストプログラムのフィードバックを反映したほか、プラットフォームを拡充。仮想アプライアンスについては、OVF形式にくわえ、XVA形式およびVHD形式で提供する。エージェントは、「Windows 8.1」と「Windows Server 2012 R2」をサポートした。

同社では、引き続きベータテストを実施しており、参加者を募集している。

(Security NEXT - 2013/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能