Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルを人質に取るマルウェアが急増 - 復号不能までの時間を秒読み

ESETは、ファイルを暗号化して復号化ソフトの購入を迫るランサムウェアが増加傾向にあるとして注意喚起を行った。要求金額も大きく、企業を狙っている可能性もあるという。

同社の検知システムにおいて、Windowsに感染するマルウェアファミリー「Filecoder」が半年で2倍に増加していることから、注意喚起を行ったもの。

感染経路はウェブサイトにおけるドライブバイダウンロード攻撃のほか、メールの添付ファイルや他マルウェアによる多重感染と幅広い。感染地域は、ロシアを中心に、イタリア、スペイン、ドイツ、チェコ、ポーランド、ルーマニア、ウクライナ、米国と幅広く攻撃が行われているという。

暗号化する対象は、画像や文書、音楽、アーカイブファイルで、感染後は開けなくなり、復旧ソフトの購入を求める。感染後は、ファイルがソフトウェアの価格で上書きされたり、復号に必要な暗号キーを削除するまでの時間をカウントダウン表示し、脅迫を行う手口も確認された。

要求金額は、135ドルから300ドル程度だが、なかには最大4000ドルを求めたケースも確認されており、金額も大きいことから、企業をターゲットとしている可能性もあるという。

(Security NEXT - 2013/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える