Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMS利用サイトで改ざん被害が約20万件 - 脆弱性突かれスパム配信の踏み台に

オープンソースのCMSを利用しているウェブサイトで改ざんが多発している。改ざんを確認したトレンドマイクロによれば、約20万件にのぼるという。

同社では、スパム配信に用いられるボットネット「Stealrat」を監視している課程で、スパム配信に改ざんサイトを特定したもの。改ざん被害に遭っているサイトは、4月から7月までの4カ月間に同社が確認しただけでも約19万5000件にのぼる。

踏み台に悪用されたサイトは、いずれもオープンソースの人気CMS「WordPress」「Joomla!」「Drupal」を利用しており、未修正の脆弱性が悪用され、送信用のPHPファイルを設置されたと見られている。

同社によれば、一連のスパム送信には、「sm13e.php」「sm14e.php」といったファイルが用いられており、サイトの管理者は、これらファイルの有無を確認することで被害にあっていないか調べることが可能だという。

またファイル名が変更されている可能性もあるため、これらPHPファイル内に含まれるコード「die(PHP_OS.chr(49).chr(48).chr(43).md5(0987654321)」を用いて検索する方法を紹介している。

(Security NEXT - 2013/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
農研機構の運営サイトが改ざん - トップページに無関係のイラスト
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響