Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」にリモートから攻撃できる深刻な脆弱性 - 権威、キャッシュサーバいずれも影響

DNSサーバ「BIND 9」に、深刻な脆弱性が判明した。権威サーバ、キャッシュサーバいずれも影響を受けるとして関連機関が注意を呼びかけている。

今回明らかになったのは、細工されたクエリを受信し、拒絶処理を行おうとした際、異常終了してしまう脆弱性「CVE-2013-4854」。リモートから攻撃が可能で、権威サーバ、キャッシュサーバのいずれも影響を受ける。

脆弱性が存在するのは、「同9.9.3-P1」「同9.8.5-P1」「同9.7.7」で、以前のバージョンも含まれる。「BIND 10」には含まれない。

脆弱性を修正した「同9.9.3-S1-P1」「同9.9.3-P2」「同9.8.5-P2」が公開されており、Internet Systems Consortium(ISC)をはじめ、日本レジストリサービス(JPRS)、JPCERTコーディネーションセンターなどは、パッチの適用など対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用
「Exchange Server」の脆弱性、すでに悪用 - MSが2月のパッチ情報を更新
F5の「BIG-IP」や「NGINX」などに脆弱性 - アップデートを
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ