Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iOSが自動生成するテザリング用パスワードは1分以内に解読可能

カスペルスキーは、iPhoneへ外部機器を無線LANで接続し、インターネットを利用できる「テザリング」のデフォルトパスワードが容易に解読できるとして、手動設定を呼びかけている。

独フリードリヒ・アレクサンダー大学の研究グループによる研究成果を紹介したもの。iOSが自動的に生成するテザリング用のパスワードは、1分以内に解読が可能であるため、独自に安全なパスワードを設定するよう呼びかけている。

本来総当たり攻撃では、時間やリソースを必要とするが、iOSが生成するパスワードは、4文字から6文字の単語と数字4桁からなるパスワードを利用するなど条件が限られており、5万2500語を含むオープンソースの辞書を用いることで、49分でパスワードを完全に破ることが可能だったという。

さらにパスワード生成用の単語が、iOSの予測変換用の辞書を用いており、1842語に限定されていることを把握。アルゴリズムにより選択する単語に偏りが生じており、最終的に50秒でパスワードを特定できた。

テザリングに用いるパスワードは独自に設定することが可能であるため、同社では規定のパスワードを利用せず、手動で設定するようアドバイス。iOS以外の端末にも同様の問題が含まれている可能性もあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響