Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、情報漏洩リスク高い内部関係者の異常行動を把握できるDLP製品

シマンテックは、情報漏洩対策ソリューション「Symantec Data Loss Prevention 12」を販売開始した。

同製品は、企業が保有する機密情報の検出、監視、保護、管理に特化したDLPソリューション。サンプルのドキュメントを使って機密データの特徴を学習する「ベクトル機械学習」機能などを搭載している。

最新版では、リスクの高い内部関係者の行動パターンを把握する「ユーザーリスクの概略」レポート機能を提供。短期間におけるダウンロードを繰り返すといった異常行動を検知できる。さらに、「Symantec File Share Encryption」によって暗号化されたコンテンツの復号、抽出、解析に対応した。

また「iPhone」や「iPad」などiOSを搭載したデバイスに送信されるメールの監視や、暗号化されたコンテンツにポリシー違反がないか評価する機能「Mobile Email Monitor」を追加。BYODなどの需要に対応する。

(Security NEXT - 2013/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
ラック、生成AIシステム特有のセキュリティ問題を診断するサービス
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
漏洩アカウント情報を調査、通知するサービス - IIJ
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン