Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自民党安倍総裁の偽Twitterアカウントに注意 - 露大統領の偽アカウントと会話も

7月4日に参議院選選挙が告示され、ネット選挙解禁後初の国政選挙の幕が切って落とされるが、早くも自民党総裁である安倍晋三氏を装ったTwitterのなりすましアカウントが確認された。

問題のアカウントは、安倍氏が利用する公式アカウント「@abeshinzo」と1文字違いである「@abeshinso」。写真を盗用しており、自己紹介の文章も同一だった。

安倍氏のアカウントは、Twitterより認証されており、本人のアカウントとして判別することが可能。7月3日の時点で14万2830人がフォローしている。

130703_tw_001.jpg
なりすましアカウント同士の会話

一方偽アカウントは、4月ごろよりツイートを繰り返しており、少ないものの44人のフォロワーを獲得。同アカウントと会話するために作成されたと見られるロシアのプーチン大統領を装った偽アカウントも登場している。

Twitterには、これまでもノーベル賞を受賞した山中伸弥氏など著名人の偽アカウントがたびたび登場しているが、今回のケースでは、公職選挙法違反に問われる可能性がある。また今後も参院選に関連した偽アカウントが発生する可能性があり、情報を受け取る有権者にも注意が求められる。

(Security NEXT - 2013/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
VPN経由で不正アクセス、職員情報が流出 - 海洋研究開発機構
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア