Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁とセコムトラストシステムズ、サイバー犯罪対策で協定

警視庁とセコムトラストシステムズは、サイバー犯罪の認知、被害防止に向け、情報連携や捜査協力で協定を締結した。

今回の締結により、セコムTSでは、不正アクセス、DoS攻撃、ウイルス、フィッシングなどのサイバー犯罪による被害を認知した際、顧客の承諾を受けた上で警視庁へ通報する。通報を受けた警視庁では、同社の事業運営に配慮しつつ捜査協力を得て、サイバー犯罪の事件化を積極的に進める。

また両者は、情報共有を積極的に推進。セコムTSは、警視庁の助言や援助のもと、サイバー犯罪による被害の拡大や再発を防止する措置を講じていく。

(Security NEXT - 2013/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑