Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

有識者による講演会「インターネット選挙運動解禁で選挙はどう変わる」が開催 - ライブ中継も

日本インターネットプロバイダー協会と情報ネットワーク法学会は、特別講演会「インターネット選挙運動解禁で選挙はどう変わる」を、都内で6月1日に開催する。ストリーミング配信も予定されている。

4月19日に改正公職選挙法が可決成立し、インターネット選挙運動が解禁されたことを受け、「なりすまし」や「誹謗中傷の防止」「情報送受信のあり方」など課題も多いことから、改正法の内容や影響、今後取り組むべき課題など専門家が講演する。

基調講演は、弁護士で国立情報学研究所客員教授の岡村久道氏が登壇し、公選法改正の背景と今後の展望を紹介。総務省の自治行政局選挙部選挙課課長補佐である鈴木康之氏が改正公職選挙法の内容を説明するほか、メディアへの影響については、法政大学准教授の藤代裕之氏、公選法改正の課題については、情報セキュリティ大学院大学教授の湯淺墾道氏による報告が予定されている。

さらに「改正プロバイダ責任制限法ガイドライン」をテーマとした講演や、LINEの政策担当者による同社の取り組み、韓国の動向を紹介するプログラムを用意。関係者によるパネルディスカッションも聴講できる。

講演会の会場は、全国町村会館ホールで、学会員、非学会員いずれも無料。参加にあたっては、ウェブサイトより事前に申し込みが必要。また情報ネットワーク法学会では、USTREAMの同学会チャンネルより、イベントのライブ配信を行う予定。

(Security NEXT - 2013/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「JSAC 2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
「CODE BLUE 2022」の一部登壇者が明らかに - 5Gハッキングなど
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦