Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の受注伝票が所在不明に - スポーツオーソリティ

スポーツ用品専門店スポーツオーソリティの北戸田店において、顧客情報最大50件が記載された受注伝票1冊が所在不明になっていることがわかった。

同店を運営するメガスポーツによれば、紛失した受注商品伝票には、最大50件の顧客情報が記載されており、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、メールアドレス、商品情報などが含まれる。

受注伝票はレジカウンター内のデスクに置かれており、その真下にあるごみ箱に落下したが気付かず、そのまま廃棄処分した可能性が高いと同社では結論付けている。

今回の紛失に関連する情報の不正利用は確認されていない。同社では対象となる顧客に対し、個別に連絡を取るという。

(Security NEXT - 2013/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
顧客情報含む伝票綴りを箱ごと紛失、取り違えて廃棄か - 豊和銀
2支店で伝票約1万4000件を紛失 - きのくに信金
顧客情報記載の予約伝票を紛失 - タワーレコード