Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キューアンドエー、個人向けPCのセキュリティ診断サービス - 6月末まで無償キャンペーン

キューアンドエーは、コンシューマー向けサービス「パソコンセキュリティ対策診断」を、4月24日から提供開始する。6月30日までの期間限定で無償キャンペーンも展開する。

同サービスは、電話や遠隔操作によりPCのセキュリティ診断を行うもの。診断台数は5台までで、診断に要する時間は15分程度。予約制となっている。

偽セキュリティ対策ソフトに感染していないか、セキュリティソフトが正常に動作しているか、Windows Updateが適切に行われているか、「Java」「Flash Player」「Adobe Reader」などのソフトが最新版になっているかをチェック。問題が見つかった場合の対策の提案や、感染していた場合の駆除サービスなども有償で提供する。

診断料は3000円。6月30日までの期間限定で、1人1回に限り、5台まで無償で診断するキャンペーンを実施する。

(Security NEXT - 2013/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス