Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボストンマラソン爆発事件に便乗、マルウェア感染させる攻撃 - スパムやツイートで拡散

複数のセキュリティベンダーが、4月15日に発生したボストンマラソン爆発事件に便乗したマルウェアの感染活動について報告している。マルウェアをダウンロードさせるURLが、スパムやツイートで拡散したという。

米Symantecでは、事件発生の数時間後から大量のスパムメールを観測。メールの件名は「Explosion at Boston Marathon(ボストンマラソンで爆発)」「Boston Explosion Caught on Video(ビデオが捉えた爆発の瞬間)」など事件関連のニュースや動画を装うもので、本文にはURLのみ記載されていた。

誘導先は、事件現場の動画を掲載したウェブページで、脆弱性を悪用するエクスプロイトキット「Red Kit」にリダイレクトされ、アクセスと同時に動画ファイルにみせかけた実行ファイルがダウンロードされる。

またページの最後には、ダウンロードしているファイルを、動画ファイルと勘違いさせるため、読み込み途中の動画が掲載されていた。同社では、ダウンロードされるマルウェアを「Packed.Generic.402」として対応している。

米Trend Microでも、同様の攻撃を確認。9000件以上のスパムメールを観測し、メールの件名は7種類に及ぶことを報告。Twitterや無料ブログサービスに対しても、問題のURLが投稿されていたという。

同社によれば、スパムメールに記載されていたダウンロード用のリンクは、IPアドレスがアクセスするたびに変更されており、「日本」「台湾」「アルゼンチン」「オランダ」「ウクライナ」「ロシア」「オーストラリア」の7カ国のIPが利用されていた。

感染する「WORM_KELIHOS」は、リムーバブルドライブ内のすべてのフォルダを隠しフォルダに変更するとともに、同一名称のショートカットファイルを作成。ユーザーにファイルを実行させる。さらに、FTPソフトの認証情報を収集したり、電子通貨「Bitcoin」の情報を収集する機能も備えていた。

また同社調査時には、すでにアクセスできない状態だったが、誘導先の一部に、Javaの脆弱性「CVE-2013-0422」を悪用するエクスプロイトが組み込まれていたことを確認しており、ほかのマルウェアへ感染するおそれもあったという。

(Security NEXT - 2013/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を