Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

こども医療福祉センターで集団療育のデータ含むUSBメモリを紛失 - 長崎県

長崎県立こども医療福祉センターにおいて、個人情報が保存されたUSBメモリが、2012年11月より所在不明となっていることがわかった。

所在がわからなくなっているのは、同センター内でバックアップに利用していたUSBメモリ。集団療育に関する個人情報432人分が保存されていた。

2001年度から2002年度にかけての関係者の氏名、2006年度以降については、氏名のほか、住所、生年月日、電話番号、診断名、保護者名、学校名などが含まれる。

同センターでは外部へ持ち出された可能性は低いと説明としており、今後は再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2013/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社