Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガイアックス、SNSでのトラブルを防止する企業向けサービス

ガイアックスは、ソーシャルメディアの利用から生じるトラブルを防止する新サービス「ソーシャルリスクモニタリング」を提供開始した。

同サービスでは、リテラシーの向上を図るeラーニングサービスと、従業員の投稿を目視で監視する投稿モニタリングサービスを用意。

eラーニングでは、トラブルの要因や予防策、トラブル発生時の対応など学ぶことが可能。ガイドラインの策定支援など、ソーシャルメディアを正しく利用するための基礎作りを支援する。

投稿モニタリングでは、従業員のFacebookやTwitterアカウントをフルタイムで目視により監視。事前に設定した判断基準に従い、リスクの可能性がある投稿を報告する。

初期費用は15万7500円。月額料金は対象アカウント数や投稿数に応じて変動する。

(Security NEXT - 2013/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
SNS業界団体や政府、啓発サイト「No Heart No SNS」オープン
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
ディープ、ダーク含むネット脅威情報の報告サービス - ラック
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性