Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー申込のフォーム情報をキャッシュ、設定ミスで - ガイアックス

ソーシャルメディア事業を展開するガイアックスは、ソーシャルメディアラボのセミナー申込サイトにおいて、入力情報が第三者から閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同社によれば、セミナーの申込フォームにおいて関係ない別の顧客に関する個人情報が表示され、閲覧できる状態だった。7月6日11時ごろ、連絡を受けて判明したという。

システムの状況を確認したところ、プラグインの設定ミスにより、登録情報がキャッシュとして一時的に保存される設定になっていたことが原因と判明した。

申込フォームは4月21日から7月6日11時55分まで利用されており、最大157件の個人情報が閲覧された可能性がある。氏名、会社名、部署名、メールアドレスが含まれる。

同社では登録情報を保存しない設定に変更した上で同サイトにおけるフォーム機能の利用を中止。Googleフォームに移行した。

(Security NEXT - 2023/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性