Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘

「Google Play」において、ユーザーや端末固有のID情報を取得する複数Androidアプリが確認された。Baidu製のアプリも含まれ、推定利用者数は約11億人にのぼるという。

Palo Alto Networksの「Unit 42」のリサーチャーがGoogleが提供する公式ストア「Google Play」で公開されていたアプリについて分析したところ、利用者や端末の追跡につながるおそれがある識別情報を不正に取得するアプリを複数発見、報告したもの。

同社によると、Baiduが提供する「Baidu Android Push SDK」において、利用を避けるよう開発者ガイドで求められている固有の識別子などを取得していることが判明したという。

同ソフトは、「Baidu Search Box」や「Baidu Maps」などが利用する「ソフトウェア開発キット(SDK)」で、これらアプリは米国で600万回以上ダウンロードされており、グローバルで推定11億人のユーザーがいるという。

「IMSI(加入者識別ID)」「IMEI(端末識別ID)」など固有のIDは、利用者側で変更が難しく、紐付けられてユーザーのプロファイルが作成されたり、プライバシー侵害やデータの傍受などに悪用が可能であるとして問題点を指摘した。

(Security NEXT - 2020/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も