Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘

「Google Play」において、ユーザーや端末固有のID情報を取得する複数Androidアプリが確認された。Baidu製のアプリも含まれ、推定利用者数は約11億人にのぼるという。

Palo Alto Networksの「Unit 42」のリサーチャーがGoogleが提供する公式ストア「Google Play」で公開されていたアプリについて分析したところ、利用者や端末の追跡につながるおそれがある識別情報を不正に取得するアプリを複数発見、報告したもの。

同社によると、Baiduが提供する「Baidu Android Push SDK」において、利用を避けるよう開発者ガイドで求められている固有の識別子などを取得していることが判明したという。

同ソフトは、「Baidu Search Box」や「Baidu Maps」などが利用する「ソフトウェア開発キット(SDK)」で、これらアプリは米国で600万回以上ダウンロードされており、グローバルで推定11億人のユーザーがいるという。

「IMSI(加入者識別ID)」「IMEI(端末識別ID)」など固有のIDは、利用者側で変更が難しく、紐付けられてユーザーのプロファイルが作成されたり、プライバシー侵害やデータの傍受などに悪用が可能であるとして問題点を指摘した。

(Security NEXT - 2020/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正