Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「i-FILTER ブラウザー」に最新版 - スマホにIDやパスワードを残さない「プライバシーモード」

デジタルアーツは、法人向けスマートデバイス用ウェブフィルタリングサービス「i-FILTER ブラウザー」の最新版となる「同Ver.2.1」をリリースした。

同サービスは、企業や官公庁、教育機関向けのクラウド型ウェブフィルタリングサービス。最新版では、端末に閲覧履歴やキャッシュ、IDおよびパスワードを保存しない「プライバシーモード」を搭載した。

さらに、IDおよびパスワードを特定のタイミングで自動的に削除するよう設定できる機能もあわせて追加した。いずれの機能も、管理者がグループ単位で設定できる。

このほか、コンテンツのダウンロードや文字列のコピー&ペーストが制御できるようになった。また、Android端末では対応済みのベーシック認証、ダイジェスト認証をiOS端末でもサポートした。

価格は5ユーザーで年額1万7325円から。当初はiOS向けに提供し、Android版は4月下旬より提供開始する予定。

(Security NEXT - 2013/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能