Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

深刻な脆弱性を修正するJavaのアップデートが公開、早期適用を - すでに悪用コードが流通

Oracleは、「Java SE」に見つかった深刻な脆弱性を修正する「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。

「JRE」や「JDK」において深刻な脆弱性が判明し、悪用コードも流通していることから、急遽アップデートの提供を開始したもの。2件の脆弱性「CVE-2013-1493」「CVE-2013-0809」に対応している。

影響を受けるのは「同7 Update 15」「同6 Update 41」「同5 Update 40」で、以前のバージョンも含まれる。同社では2月19日にもアップデートを公開しているが、修正内容が異なるため、あらためてアップデートを実施する必要がある。

いずれの脆弱性もJavaを利用している環境で細工されたウェブページを閲覧すると、リモートより任意のコードを実行されるおそれがある。

なかでも「CVE-2013-1493」は、すでに脆弱性を悪用するコードが流通しており、同社ではできるだけ早くアップデートを実施するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース