Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「攻撃を初期段階で検知、対応できた」 - Evernote日本代表

Evernoteは、同社が提供するクラウド型データ保存サービスのアカウント情報が不正アクセスを受けた問題で、原因や流出規模など詳細について調査を進めている。

同社では、利用者の「ID」や「メールアドレス」「暗号化されたパスワード」が不正アクセスを受けたとして、3月3日に事態を公表し謝罪した。パスワードは容易に解読できないよう事前に対策を講じていたとしているが、リスクを低減するため、全ユーザーのパスワードをリセットしている。

同サービスでは、約5000万件のアカウントが登録されている。不正アクセスを受けた範囲について現在調査を進めている段階で、具体的な原因や流出した件数は明らかとなっていない。ただし、利用者が保存していたコンテンツや決済情報の流出については否定している。

同社日本法人であるエバーノートでジェネラル・マネジャーを務める井上健氏によれば、攻撃を検知したのは米国時間2月28日。今回の問題に対して同氏は、「組織的な攻撃を初期段階で検知、対応できた」とし、攻撃を短時間で食い止めたとの認識を示している。

また同氏は、1月以降に米国の大手ネットワークサービスにおいて、たびたび発生しているサイバー攻撃と類似した攻撃と捉えている。

米国本社にて詳細の調査を進めているが、報告までしばらく時間を要する見込み。同氏は「これまでと同様、可能な限り情報公開していきたい」とコメントしている。

(Security NEXT - 2013/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン