Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省と経産省、「電子政府推奨暗号リスト」を公表

総務省と経済産業省は、電子政府が利用する暗号の安全性について評価を行っているCRYPTRECが策定した「電子政府推奨暗号リスト」を公表した。

2012年12から1月にかけてパブリックコメントを実施し、意見を踏まえた上で、2003年に策定した「電子政府における調達のために参照すべき暗号のリスト」を約10年ぶりに改定したもの。今後、政府機関における情報システムを調達したり、利用する際に参照される。

ハッシュ関数「SHA-1」、および公開鍵暗号「RSA 1024」については、2012年10月に情報セキュリティ対策推進会議が決定した移行指針を踏まえて利用することになる。

(Security NEXT - 2013/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持