Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省と経産省、「電子政府推奨暗号リスト」を公表

総務省と経済産業省は、電子政府が利用する暗号の安全性について評価を行っているCRYPTRECが策定した「電子政府推奨暗号リスト」を公表した。

2012年12から1月にかけてパブリックコメントを実施し、意見を踏まえた上で、2003年に策定した「電子政府における調達のために参照すべき暗号のリスト」を約10年ぶりに改定したもの。今後、政府機関における情報システムを調達したり、利用する際に参照される。

ハッシュ関数「SHA-1」、および公開鍵暗号「RSA 1024」については、2012年10月に情報セキュリティ対策推進会議が決定した移行指針を踏まえて利用することになる。

(Security NEXT - 2013/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE