Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスターとJMASが連携、スマートデバイス向けブラウザ「KAITO」のセキュリティ強化

ネットスターとジェーエムエーシステムズ(JMAS)は提携し、フィルタリング機能を備えたスマートフォン向けブラウザ「KAITO」の提供を3月下旬より提供開始する。

両社は技術面で提携し、フィルタリング事業を展開するネットスターのウェブコンテンツデータベースやクラウドサービスプラットフォームと、JMASが開発するセキュリティ面を強化したスマートデバイス向けブラウザ「KAITO」の連携を実現した。

JMASでは、従来のセキュリティ機能にくわえ、URLフィルタリング機能を強化した「KAITO」を利用者へ提供し、幅広いユーザーニーズに対応する。対応OSはiOS5.0以降およびAndroid2.2以降。月額利用料は577円。

(Security NEXT - 2013/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能