Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール便を配達せず従業員宅に持ち帰り、一部焼却 - ヤマト運輸

ヤマト運輸は、配達を請け負ったクロネコメール便の一部が、配達されずに従業員が持ち帰っていたことを明らかにした。一部は焼却されていたという。

同社によれば、群馬県の同社事業所において、2011年7月2013年1月にかけて法人より発送されたメール便約4150冊を、従業員が配達せずに自宅へ持ち帰り、そのうち約1500件を焼却していたという。

同社では、送り主に対して確認したメール便について事態を報告、謝罪した。焼却されたメール便は送り主を特定できないことから、心当たりがある利用者へ連絡を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー