Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール便を配達せず従業員宅に持ち帰り、一部焼却 - ヤマト運輸

ヤマト運輸は、配達を請け負ったクロネコメール便の一部が、配達されずに従業員が持ち帰っていたことを明らかにした。一部は焼却されていたという。

同社によれば、群馬県の同社事業所において、2011年7月2013年1月にかけて法人より発送されたメール便約4150冊を、従業員が配達せずに自宅へ持ち帰り、そのうち約1500件を焼却していたという。

同社では、送り主に対して確認したメール便について事態を報告、謝罪した。焼却されたメール便は送り主を特定できないことから、心当たりがある利用者へ連絡を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス
市役所出張所で対応した納付書控が所在不明 - 蒲郡信金
他自治体からの照会文書が所在不明に - 大阪市
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
遺失物の関係帳票が所在不明、誤廃棄か - JR東海
3割強の郵便局で顧客情報が所在不明、約21万4000人分 - 日本郵便
事件関係者の提出文書を紛失、審査に影響なし - 公取委