Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、ドイツの暗号解読コンテストで世界記録 - 秘匿情報処理技術の実用化目指す

情報通信研究機構(NICT)は、クラウドにおいて利用が期待されている暗号技術の安全性評価で世界新記録を達成したと発表した。

同機構では、暗号化したままデータを処理する技術「完全準同型暗号」において安全性を支える「格子の最短ベクトル問題」について研究。解読できる次元数により安全性の評価を行っており、世界ではじめて825次元の問題を解くことに成功したもの。

同機構では日立製作所と共同で、これまで利用されてきたアルゴリズムを改良し、パラメータを最適化したプログラムを開発。独ダルムシュタット工科大学の解読コンテスト「TU Darmstadt Lattice Challenge」に挑戦して、1年以上更新されていなかった世界新記録を塗りかえた。

解読には、「AMD Opteron 6276」を搭載する市販の汎用サーバを利用しており、5.5日で解読に成功したという。

「完全準同型暗号」を利用すると機密データの内容を知らせることなく計算作業を委託できる秘匿情報処理が行えるとされており、クラウドコンピューティングへの活用が期待されている。

今後もNICTでは実用化に向け、より高速な解読アルゴリズムの開発や、大規模な実験により安全性を検証を進めていく。

(Security NEXT - 2013/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」