Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月はマルウェア配布サイトが半減、スパムは微増 - シマンテック調査

シマンテックは、2012年12月に検知したウイルスやスパムの状況について取りまとめた。マルウェア配布サイトの検知件数が前月から半減している。

同社が12月にあらたに観測したマルウェア配布サイトは1日平均762件。11月の1847件から5割以上減少した。一方、あらたにブロックした悪質ドメインは全体の39.6%で、前月から7.1ポイント増。あらたにブロックしたウェブベースのマルウェアは11.9%で、前月から0.3ポイント微増している。

ウイルスを感染させる目的で送信されたメールの割合は0.36%で、前月から0.03ポイントの減少となった。277.8通に1通の割合で送信されている。そのうち悪質なサイトへのリンクが貼られたメールは27.2%で、前月から13ポイント上昇した。

メール感染型マルウェアでは、前月と変わらず「Suspicious.JIT.a-SH」がもっとも多い。割合は28.83%で前月の15.42%を大きく上回る。ポリモーフィック型マルウェアが占める割合は0.9%で、前月の15.2%から目立った減少を見せた。

流通するメールの70.6%がスパムで、前月より1.8ポイント増加した。10月から2カ月連続で増加しているものの、世界的な減少傾向に変化は見られないという。悪質な添付ファイルやリンクを含むスパムは増加。フィッシングメールの割合は0.27%で、前月より0.225ポイント増加した。

12月にエンドポイントでブロックされたマルウェアで、最も多かったのは「W32.Sality.AE」。全体の6.5%が同マルウェアで、2012年の1年間を通じても、エンドポイントでもっとも多くブロックされた。

(Security NEXT - 2013/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク