Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、企業向けクラウドサービスがLinux対応

エフセキュアは、クラウド型セキュリティ対策サービス「エフセキュアプロテクションサービスビジネス」のサービス内容を拡充し、Linuxサーバの保護に対応した。

同サービスは、同社パートナー経由で提供している企業向けセキュリティソリューション。パソコンやファイルサーバ、メールサーバなど、各環境に応じたセキュリティ対策を包括的に提供する。

今回「Linux」をサポート対象に追加し、「Redhat」「CentOS」「Debian」「SUSE」「Turbolinux」「Asianux」など幅広いディストリビューションで利用できる。

(Security NEXT - 2013/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知