Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特別支援学校の5年分の指導要録が所在不明、誤廃棄か - 横浜市

横浜市立浦舟特別支援学校において、在籍していた生徒の個人情報が記載された指導要録が所在不明になっていることがわかった。誤って廃棄された可能性が高いという。

紛失したのは、1992年度から1996年度に卒業または転校した生徒311人分の「横浜市盲・ろう・養護学校児童生徒指導要録 学籍に関する記録」。生徒の氏名、住所、生年月日、性別、入学および卒業年月日、保護者氏名などが記載されているもので、保存期間は20年と規定されている。

2012年12月10日、卒業生から成績に関する書類の交付依頼があり確認したところ、書庫内に保管されていないことが判明。その後、校内および移転前の旧校舎の捜索を行ったが発見できなかった。

保存期間が5年の「指導に関する記録」は保管されていることから、これと取り違えて2002年ごろに廃棄した可能性が高いという。同校では対象者に謝罪。紛失した記録をほかの記録に基づいて再度作成するなど、対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2013/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
保管期間中の宿泊台帳が所在不明に - オリックス・ホテルマネジメント
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生