Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電算システム、ビジネス向けクラウド型ドキュメント閲覧サービス

電算システムは、ビジネスシーンでの利用を想定したクラウド型ドキュメント閲覧サービスを提供開始した。

同サービスは、マニュアル、提案資料、画像など、ビジネスで使用するドキュメントをクラウド上に保存し、タブレット端末へインストールした「文書閲覧アプリケーション」や「ペーパーレス会議アプリケーション」から閲覧できるソリューション。

ファイルタイプは、PDFやOfficeドキュメント、mp4などへ対応。ファイルは暗号化された状態でクラウドやタブレット上に保存される。フォルダ単位で閲覧権限が設定できるほか、ファイルごとに有効期間を設定したり、ユーザーごとの閲覧ログを管理できる。

当初はiPadに対応し、今後はAndroidやWindowsへ対応を予定しているという。価格は、200ユーザーライセンス、容量100Gバイトで契約の場合、1ユーザーあたり月額1250円から。

(Security NEXT - 2012/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

APIゲートウェイ向けにOSSのセキュリティプラグインを公開
RSA、国内にデータセンター設置 - ID関連サービスの市場展開を強化
「WordPress」のセキュリティ対策プラグインを公開 - クラウドセキュア
MS、上位サブスク契約者向けだった詳細ログデータを開放
米政府、「AzureAD」や「MS365」環境向けのインシデント調査ツールを公開
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
日本語対応レッドチームサービスを開始 - クラウドストライク
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード