Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5%がオンラインショッピングで詐欺に遭った経験あり - マカフィー調査

5%がオンラインショッピングで詐欺に遭った経験があるとの調査結果をマカフィーは発表した。

同社が9月25日から10月3日にかけて18歳以上の日本人を対象に、オンラインショッピングの習慣についてアンケート調査を実施したもの。有効回答数は1007。

モバイルデバイス利用者の92%が個人情報の盗難に対して不安があると回答する一方で、割引や商品案内など有益な情報を受け取るためであれば、個人情報を提供してもいいと考えている利用者も84%と多い。

オンラインショッピングにおける詐欺の経験について尋ねたところ、回答者自身が詐欺に遭ったとの回答は5%。また回答者の7%は、自身は被害に遭っていないものの、身近な人が詐欺の被害に遭っていたという。

ショッピングサイトの安全性を確かめる方法としては、51%がサイトに表示されるセキュリティアイコンを挙げた。また21%が、HTTPS接続から判断していると回答。サイトが安全か危険かを見分ける方法を知らないとするユーザーが35%にのぼっている。

(Security NEXT - 2012/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

捜査機関に対する情報開示は1583件、前期比14%減 - LINE
9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍