Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIU、ワールドワイドで情報漏洩に対応する損害保険 - 調査費用や逸失利益もカバー

AIU保険会社は、ワールドワイドでサイバー攻撃の被害を補償する損害保険「CyberEdge」を提供開始する。

「CyberEdge」は、日本国内に本社を置き、グローバル展開する企業向けの損害保険。国内外の拠点がサイバー攻撃を受け、情報漏洩が発生した場合に損害賠償金を補償する。

さらに事故にともなう行政対応や証拠保全、フォレンジック調査などで発生する費用のほか、業務の中断による逸失利益をカバー。また事故発生時に、各国のセキュリティ専門機関を紹介し、初期対応をサポートする。

同社では、2004年に国内で発売した個人情報漏洩保険きっかけに、海外AIGグループで同様の保険商品の開発を推進。今回グループ全体の引受実績を踏まえて開発した。日本に先駆け、すでに海外30カ国で提供されているという。

(Security NEXT - 2012/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
保険料算出に「AWS Security Hub」の評価を活用 - 東京海上日動
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
中小企業向けにネットワーク脅威の検知パッケージ - NTTセキュリティ
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超
神戸市、個人情報の不正操作で職員処分 - 保険料増額の通知から発覚
組合加入事業所の個人情報を他社へ誤提供 - 土健保
案内メール誤送信で事業所担当者のメアド流出 - 協会けんぽ