Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIU、ワールドワイドで情報漏洩に対応する損害保険 - 調査費用や逸失利益もカバー

AIU保険会社は、ワールドワイドでサイバー攻撃の被害を補償する損害保険「CyberEdge」を提供開始する。

「CyberEdge」は、日本国内に本社を置き、グローバル展開する企業向けの損害保険。国内外の拠点がサイバー攻撃を受け、情報漏洩が発生した場合に損害賠償金を補償する。

さらに事故にともなう行政対応や証拠保全、フォレンジック調査などで発生する費用のほか、業務の中断による逸失利益をカバー。また事故発生時に、各国のセキュリティ専門機関を紹介し、初期対応をサポートする。

同社では、2004年に国内で発売した個人情報漏洩保険きっかけに、海外AIGグループで同様の保険商品の開発を推進。今回グループ全体の引受実績を踏まえて開発した。日本に先駆け、すでに海外30カ国で提供されているという。

(Security NEXT - 2012/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
国民健康保険税還付者の口座情報をサイトに誤掲載 - 日向市
今度は「朝日生命」、生保契約者狙うフィッシングに注意
「個人情報の再確認を」とだます「アフラック」を装ったフィッシング攻撃
「住友生命」の契約者狙うフィッシング - 出金手続き行えるポータルを標的に
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市