Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

退職した従業員が内部システムに不正アクセス、顧客情報が漏洩 - ジブラルタ生保

ジブラルタ生命保険は、元社員や元代理店販売員19人が、退職後に社内システムを通じ、顧客情報422件にアクセスしていたことを明らかにした。

同社が契約情報照会システムへのアクセス状況を調査した結果判明したもので、2009年1月以降、最大19人の元従業員が顧客情報422件にアクセスしていた。

漏洩した情報は、合併した旧AGIエジソン生命保険の契約に関する情報で、証券番号や契約日、契約者氏名のほか、被保険者の氏名、住所、電話番号、生年月日、保険金受取人氏名、保険金額、保険料などの情報が含まれる。

従業員が退職した際、システムへのアクセスを遮断する措置が的確に行われておらず、退職後一定期間アクセスが可能な状態だった。不正利用や二次被害は確認されていないという。同社では対象となる顧客に、説明と謝罪を実施している。

(Security NEXT - 2012/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省