Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

退職した従業員が内部システムに不正アクセス、顧客情報が漏洩 - ジブラルタ生保

ジブラルタ生命保険は、元社員や元代理店販売員19人が、退職後に社内システムを通じ、顧客情報422件にアクセスしていたことを明らかにした。

同社が契約情報照会システムへのアクセス状況を調査した結果判明したもので、2009年1月以降、最大19人の元従業員が顧客情報422件にアクセスしていた。

漏洩した情報は、合併した旧AGIエジソン生命保険の契約に関する情報で、証券番号や契約日、契約者氏名のほか、被保険者の氏名、住所、電話番号、生年月日、保険金受取人氏名、保険金額、保険料などの情報が含まれる。

従業員が退職した際、システムへのアクセスを遮断する措置が的確に行われておらず、退職後一定期間アクセスが可能な状態だった。不正利用や二次被害は確認されていないという。同社では対象となる顧客に、説明と謝罪を実施している。

(Security NEXT - 2012/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保険証券システムで他契約者情報が閲覧可能 - 日本ワイド少額短期保険
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
高齢者施設関係者が個人情報を政治利用 - 小金井市
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導