Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 6.0.1」で深刻な脆弱性を修正 - パスコード入力を回避できるPassbookの問題など解消

Appleは、「iPhone」や「iPad」向けに提供している「iOS」において、複数の脆弱性を修正するアップデート「iOS 6.0.1」を公開した。

今回のアップデートは、4件の脆弱性に対応したもので、カーネルにおいて、細工されたアプリがアドレスを決定できる不具合や、物理的にアクセスできる端末に対し、パスコードを入力することなくPassbookへアクセスできる脆弱性を解消した。

またWebKitでは、攻撃者によって細工されたサイトへアクセスした際、不正にコードを実行されるおそれがある2件の脆弱性を修正した。

(Security NEXT - 2012/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
5件のセキュリティ修正含む「Chrome 83.0.4103.97」が公開 - iOS版でも脆弱性に対処
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に