Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キッズステーション公式サイトで不具合 - 会員登録画面に別人のメールアドレス

CS放送局のキッズステーションは、同社ウェブサイトで提供している会員サービス「キッズくらぶ」の登録画面に、利用者とは関係ない別人のメールアドレスが表示される不具合が発生していたことを明らかにした。

会員へ新規登録する登録画面上に、仮登録を行った他利用者のメールアドレスが表示される不具合が発生したもの。10月1日12時から22日14時にかけて同サービスに仮登録した最大2753人が影響を受ける可能性がある。

10月22日に利用者から不具合の指摘があり問題が判明、同日14時にサービスを停止した。原因は、サイトリニューアルにともなう会員登録機能のプログラムミスで、特定の条件下でIDを重複して発行する状態に陥った。

同社では、プライバシーマークの審査機関である放送セキュリティセンターへ事態を報告。対象となる利用者へ謝罪を行うとしている。また会員サービスについては、再発防止策を講じたうえで再開する予定。

(Security NEXT - 2012/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自動返信メールで設定ミス、問合メールが全登録者に - トヨクモ
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
オンライン会議の招待メール作成機能でメールアドレスが流出 - 東京都
メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀