Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトの一部が改ざん、学生やイベント申込者の個人情報流出も - 大阪府立大

大阪府立大学の関連サイトが改ざんされ、学生やイベント申込者のべ1127人の個人情報が流出したことがわかった。

改ざんされたのは、同大の「子育て教育系キャリア・コラボ力育成事業」に関連するウェブページ。10月23日に学生から連絡があり確認したところ、サイトの一部ページが改ざんされていることがわかった。改ざんされた部分にはアラビア文字が含まれていたという。

また、学生用ページに登録された学生のべ946人の氏名、学部、メールアドレス、およびイベント申込者のべ181人の氏名、住所、メールアドレスなどの流出も判明。同事業推進室を発信者とするアラビア文字で記載されたメールも23日に学生に対して送信されている。

管理画面から侵入されたもので、ウェブサイトを閉鎖。同大では原因を調べており、結果を踏まえて再発防止策に取り組む。また今回改ざんされた同サイトは学外のサーバを利用しており、学内のサーバについては影響はないと説明している。

(Security NEXT - 2012/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪