Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Angry Birds」に便乗する偽アプリに注意

人気ゲーム「Angry Birds」に関連した不正Androidアプリが出回っているとして、セキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

米McAfeeでは、「Angry Birds Space」を装った複数のマルウェアを確認。サードパーティのAndroidマーケットに出回っており、「Angry Birds Space」以外のゲームアプリも複数悪用されていたという。

問題のアプリには、不正なコードが仕込まれており、ゲームを開いたり、デバイスを再起動するごとに実行。バックグラウンドで動作し、端末識別情報を外部へ送信していた。

アプリ広告のクリック詐欺を行う機能を備えていたが、今後スクリプトや命令を変更し、悪質なアプリのインストールなどへ利用されるおそれもあるとして、同アプリの危険性を指摘している。

また米Trend Microでは、9月末に公開された「Angry Birds」シリーズの新作である「Bad Piggies」の偽アプリを確認した。複数のロシアドメインを通じて配布されていたという。

同アプリは、海外で利用されているSMSを利用した送金サービスを悪用する不正アプリで、特定の番号にSMSを送信する。さらにショートカットを作成。起動するとブラウザの更新版と見せかけて、不正プログラムをダウンロードする。

セキュリティベンダーでは、信用できるマーケットよりアプリを入手することや、セキュリティ対策ソフトの活用、インストールするアプリの権限を確認するなど、不正アプリの被害に遭わないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
トレンドマイクロの「パスワードマネージャー」権限昇格の脆弱性
ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か
「Firefox 89」をリリース、9件の脆弱性を修正 - iOS版も更新
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
新型コロナのワクチン予約に見せかけた悪意あるSMSに注意
欧州で拡散するAndroid狙うマルウェア「FluBot」 - 荷物追跡アプリ偽装
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ