Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Angry Birds」に便乗する偽アプリに注意

人気ゲーム「Angry Birds」に関連した不正Androidアプリが出回っているとして、セキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

米McAfeeでは、「Angry Birds Space」を装った複数のマルウェアを確認。サードパーティのAndroidマーケットに出回っており、「Angry Birds Space」以外のゲームアプリも複数悪用されていたという。

問題のアプリには、不正なコードが仕込まれており、ゲームを開いたり、デバイスを再起動するごとに実行。バックグラウンドで動作し、端末識別情報を外部へ送信していた。

アプリ広告のクリック詐欺を行う機能を備えていたが、今後スクリプトや命令を変更し、悪質なアプリのインストールなどへ利用されるおそれもあるとして、同アプリの危険性を指摘している。

また米Trend Microでは、9月末に公開された「Angry Birds」シリーズの新作である「Bad Piggies」の偽アプリを確認した。複数のロシアドメインを通じて配布されていたという。

同アプリは、海外で利用されているSMSを利用した送金サービスを悪用する不正アプリで、特定の番号にSMSを送信する。さらにショートカットを作成。起動するとブラウザの更新版と見せかけて、不正プログラムをダウンロードする。

セキュリティベンダーでは、信用できるマーケットよりアプリを入手することや、セキュリティ対策ソフトの活用、インストールするアプリの権限を確認するなど、不正アプリの被害に遭わないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス