Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座振替納付書の誤送付を公表 - 大阪市

大阪市は、業務委託先において口座振替書を誤送付する事故が発生したことを公表した。

下水道使用料の請求発送業務を委託する事業者において、10月10日に金融機関向けの口座振替納付書を関係ない別の金融機関へ送付するミスが発生したもの。書類には住所、氏名、金額、銀行コード、支店コード、預金種別、口座番号など10人分の個人情報が含まれる。

書類を受け取った金融機関より連絡があり、問題が判明。同市では関係者に対し、事情の説明や謝罪を行った。

(Security NEXT - 2012/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
新型コロナワクチンの接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大