Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソーシャルチケット販売サイトで別の顧客情報を表示する不具合

ソーシャルチケット販売サイト「PeaTix」において、アクセスした利用者とは関係ない他利用者の個人情報が表示される不具合が一時発生した。

運営会社のOrinoco PeaTiXによれば、はじめて同サイトにログインしたユーザーに不具合が生じたもので、氏名やメールアドレス、住所、電話番号、アンケートフォームの記載内容など、前後にアクセスした他利用者の個人情報が表示された可能性があるという。

10月1日に顧客からの問い合わせがあり、問題が判明。11時40分にサイトを一時停止した。今回の不具合により影響を受けた利用者は約100人で、個別に連絡をしているという。

すでに同社では不具合を修正しており、同日17時にサービスを再開している。またクレジットカード情報については、決済機能に他社サービスを利用しているため情報を保持しておらず、漏洩の可能性について否定している。

(Security NEXT - 2012/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟