Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、業種別のセキュリティ対策状況を調査

トレンドマイクロは、企業や組織におけるセキュリティ対策の実施状況を診断する無料サービス「セキュリティアセスメントツール」の集計結果を公表した。

同社では、1月20日より同社ウェブサイトで「サイバー攻撃対策」「クラウドセキュリティ」「モバイルセキュリティ」「データセキュリティ」といったトピックごとに診断サービスを提供しており、8月末日までに実施した診断結果1714件を業種別に集計した。

121010tm_01.jpg
業種後との平均(グラフ:トレンドマイクロ)

「防御力」「対処力」「組織力」「専門力」「把握力」の5種類の指標より診断しており、総合平均は5点満点中2.6点だった。IT関連事業者が3.2点と得点が高く、自治体や官公庁、公共団体が2.6点で続いた。

一方点数が低かったのは、医療、福祉、介護分野で1.8点。また、商業、サービス分野が2.1点、土木、建設分野も2点と平均を下回った。

指標別に見ると、セキュリティ上の脅威から資産を守るために必要な対策の導入や運用を行う「防御力」と、セキュリティインシデントに対応するための組織や体制を構築し、機能を可能にする「組織力」がほかの項目より低い傾向が見られたという。

(Security NEXT - 2012/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
3月のDDoS攻撃、攻撃規模が拡大 - IIJ調査
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増