Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、業種別のセキュリティ対策状況を調査

トレンドマイクロは、企業や組織におけるセキュリティ対策の実施状況を診断する無料サービス「セキュリティアセスメントツール」の集計結果を公表した。

同社では、1月20日より同社ウェブサイトで「サイバー攻撃対策」「クラウドセキュリティ」「モバイルセキュリティ」「データセキュリティ」といったトピックごとに診断サービスを提供しており、8月末日までに実施した診断結果1714件を業種別に集計した。

121010tm_01.jpg
業種後との平均(グラフ:トレンドマイクロ)

「防御力」「対処力」「組織力」「専門力」「把握力」の5種類の指標より診断しており、総合平均は5点満点中2.6点だった。IT関連事業者が3.2点と得点が高く、自治体や官公庁、公共団体が2.6点で続いた。

一方点数が低かったのは、医療、福祉、介護分野で1.8点。また、商業、サービス分野が2.1点、土木、建設分野も2点と平均を下回った。

指標別に見ると、セキュリティ上の脅威から資産を守るために必要な対策の導入や運用を行う「防御力」と、セキュリティインシデントに対応するための組織や体制を構築し、機能を可能にする「組織力」がほかの項目より低い傾向が見られたという。

(Security NEXT - 2012/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
11月のDDoS攻撃、件数減少の一方で大規模攻撃も - IIJ調査
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件