Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール添付ファイルの制御に対応する「m-FILTER」最新版

デジタルアーツは、メール用フィルタリングソフトの最新版「m-FILTER Ver.3.5」を11月21日より発売する。

同製品は、企業や官公庁向けのメールフィルタリングソフト。「スパムメール対策」「メールの送受信制御による情報漏洩対策」「メールの全文保存と検索」と3種類の機能を用意しており、目的や環境に応じて必要な機能を導入できる。

最新版では、ファイル暗号化ソリューション「FinalCode Express」を有償オプションとして提供。添付ファイルの暗号化や送信後の追跡、閲覧権限設定、消去に対応した。

送信時にAES256ビットによるパスワードを用いた暗号化とFinalCode方式を選択することも可能。FinalCode方式で暗号化されたファイルは、無償のクライアントソフト「FinalCode Viewer」をインストールすることで、パスワードを入力することなくファイルを復号化できる。

(Security NEXT - 2012/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ