Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

内容証明の謄本2824件を紛失 - 総務省が行政指導

郵便事業および郵便局において、内容証明郵便の謄本2824件を紛失していたことが判明し、総務省では両社に対して行政指導を行った。

5月に長野県松本郵便局で謄本の紛失が発覚。それ受け両社における謄本の保管状況を調査したところ、郵便事業の12支店で661件、10郵便局で2163件が所在不明になっていることが判明した。

内容証明郵便物の謄本は、内国郵便約款により、取り扱った支店または郵便局で5年間の保管が義務づけられており、総務省では信頼を失墜させる行為として、両社に対し再発防止を求め、文書による指導を行った。

両社では、差出人に対して謝罪。謄本の保管状況の定期点検、保存場所の明確化、保管責任者の指定など再発防止策を実施する。

(Security NEXT - 2012/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス