Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

満23歳以上を対象としたCTF大会、参加者募集中 - 地方予選は11月から

満23歳以上を対象としたセキュリティ技術コンテスト「CTFチャレンジジャパン2012」が11月から来年2月にかけて開催される。現在、参加者希望者の募集が行われている。

同イベントは、セキュリティ技術を競うコンテスト。情報セキュリティ人材の育成を目的とし、実践的な経験を積める場として企画された。今回は、NRIセキュアテクノロジーズが経済産業省からの受託事業として主催。来年度以降も継続して実施することを目指している。

11月から12月にかけて福岡、大阪、東京、仙台で全日程2日間の予選を実施。2月に勝ち進んだチームによる全国大会が予定されている。

すでにセキュリティ関連の業務に携わっていたり、同分野に興味があり、職務へ従事したいと考えている満23歳以上を対象としており、1チーム2名から4名。メンバーが同一組織でなくても応募できる。

応募は、郵送、ファックス、メールで受け付けており、締切は10月19日17時必着。

(Security NEXT - 2012/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee