Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

満23歳以上を対象としたCTF大会、参加者募集中 - 地方予選は11月から

満23歳以上を対象としたセキュリティ技術コンテスト「CTFチャレンジジャパン2012」が11月から来年2月にかけて開催される。現在、参加者希望者の募集が行われている。

同イベントは、セキュリティ技術を競うコンテスト。情報セキュリティ人材の育成を目的とし、実践的な経験を積める場として企画された。今回は、NRIセキュアテクノロジーズが経済産業省からの受託事業として主催。来年度以降も継続して実施することを目指している。

11月から12月にかけて福岡、大阪、東京、仙台で全日程2日間の予選を実施。2月に勝ち進んだチームによる全国大会が予定されている。

すでにセキュリティ関連の業務に携わっていたり、同分野に興味があり、職務へ従事したいと考えている満23歳以上を対象としており、1チーム2名から4名。メンバーが同一組織でなくても応募できる。

応募は、郵送、ファックス、メールで受け付けており、締切は10月19日17時必着。

(Security NEXT - 2012/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験