Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Internet Explorerに未修正の深刻な脆弱性 - 標的型のゼロデイ攻撃が発生

「Internet Explorer」に未修正の深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。Microsoftでは、定例外の提供も視野に入れ、セキュリティ更新プログラムの開発を進めている。

今回明らかになったのは、細工したウェブサイトへ誘導することにより、リモートからコードを実行できる脆弱性。「同7」から「同9」まで影響があるが、「同10」は、対象外だという。

同社では、一部標的型攻撃が発生しているとの報告を受けており、「MAPP(Microsoft Active Protections Program)」を通じて、パートナーであるセキュリティベンダーへ脆弱性に関する情報を提供している。

ユーザーに対して、ファイアウォールを有効にし、セキュリティ対策製品の最新版を利用することにくわえ、信頼できるサイトのみ「ActiveXコントロール」や「Active Script」の動作を許可したり、脆弱性緩和ツールである「EMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit)」を活用するなど、緩和策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「Chrome」に2件のゼロデイ脆弱性 - 緊急更新を実施
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用