Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、NISTのクラウド解説文書を翻訳 - メリットとリスクを解説

情報処理推進機構(IPA)は、米国立標準技術研究所(NIST)による発行文書の翻訳「クラウドコンピューティングの概要と推奨事項(Cloud Computing Synopsis and Recommendations)」を公開した。

同機構では、NRIセキュアテクノロジーズと共同で海外の情報セキュリティ関連文書を翻訳しており、その成果として公表したもの。

同文書は、NISTがまとめたクラウドコンピューティングに関する報告書。定義をレビューし、メリットと未解決の問題を解説。利用によってもたらされる相対的な機会とリスクを組織がどう捉えるべきか、ガイドラインを提供する。

また実装モデルやサービスモデル、運用面での特性、SLA契約といった問題に言及。大量のデータが集約される性質からセキュリティ上の注意すべき点や、利用者がウェブブラウザに大きく依存するなどセキュリティ上の問題に関してまとめている。

(Security NEXT - 2012/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
「攻撃遮断くんサーバセキュリティタイプ」に遮断IPが追加不能となる脆弱性
医療システム事業者向けに安全管理ガイドラインが決定
保険証券システムで他契約者情報が閲覧可能 - 日本ワイド少額短期保険
「NFVIS」バンドルの「Cisco vWAAS」に深刻な脆弱性 - 権限昇格のおそれ
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5